消費者金融や銀行カードローンを利用してできた借金や、クレジット会社に対する債務などにお悩みの方が、借金問題を解決するための手段の一つに任意整理という手段が有ります。

この任意整理は、自己破産、個人再生、特定調停といった債務整理の手法の一つです。

今回は、この任意整理の特徴などについて説明します。

任意整理とは

任意整理というのは、おおざっぱに言えば、消費者金融等の債権者と、お金を借りた債務者が、話し合いで借金問題を整理することをいいます。

上記に挙げた他の債務整理の手法は、いずれも裁判所を利用する手続きですが、任意整理は、債権者と債務者が任意に話し合って支払い方法などにつき、合意形成(和解)を得ることを骨子とする手段であり、裁判所を利用しない点に特色があります。

「話し合い」といっても、実際に消費者金融や銀行、クレジット会社等の担当者と直接話し合うのは、借金問題に悩む依頼者ではなく、依頼を受けた弁護士や司法書士です。

利息のカットが得られる

消費者金融等の借金には、高利の金利が定められています。

そのため、毎月少しずつ返済を継続しても、ほとんどが利息の返済にあてられ、債務が減らないということが往々にしてあります。

返しても、返しても借金が減らないという場合の原因はこの高利率の金利にあります。

この点、弁護士が任意整理をする場合、債権者が全うな業者であれば、少なくとも将来における利息のカットには応じてもらえます。

そのため、任意整理をした場合、約定した返済条件の下で返済を継続する限り、返しても、返しても、借金・債務が減らないという状況は避けることができます。

任意整理における話し合い事項等

任意整理を受任した場合、弁護士は債権の調査・確認の上、消費者金融等との協議をすることになります。

債権調査・確認

弁護士が任意整理の依頼を受けた場合、弁護士は、次に述べる協議に移る前に、まずは借金の返済義務の有無や借金の額などを調査・確認します。

これは、本人からの事情聴取の他、消費者金融等から送付される取引明細等を精査する方法で実施します。

そして、たとえば、この段階で、時効援用等の手段により借金を消滅させられる場合等には、当該手段を講じて債務者の利益を確保します。

元金が減る・過払い金があるかもという説明について

上記の点に関連して、テレビCMなどを通じて、弁護士や司法書士に依頼をすれば、元金を大幅に減らせる、場合によっては過払金があるかも・・・などと謳われていることが多いようです。

確かに、こうしたケースがあるのは事実ですが、CMで元金の大幅減額や過払金発生等を謳っている法律上の根拠は、平成17年頃まで、消費者金融が、利息制限法で定められた利率よりも高利の金利で違法に金銭を貸し付けていた点にあります。

しかし、本記事を書いている現在において、少なくとも当職が北九州にて相談を受ける範囲では、平成17年以前に、利息制限法所定の利率よりも高い利率で借り受けていた、というケースは少なくなっています。

最近では、圧倒的に、利息制限法所定内での利率を定められた契約をなされている方による相談が多くなっています。

この場合、上記元金大幅カットや過払金の根拠となる「利率が高すぎた」という根拠は妥当しませんので注意が必要です。

月々の返済額と返済期間の協議

上記債権の調査・確認を経た上で、返済すべき弁済総額が定まった場合、話し合いの内容の中心は、返済の方法(月々の返済額と返済期間)になります

借金を毎月いくら返済するか、また、何年に渡って返済するか、が主要な協議内容です。

弁済総額が120万円のケースを例に

弁済総額が120万円であるといったケースでは、たとえば、2万円ずつ計5年間返済するのか、3万円ずつ計4年間返済するのか、といった点が債権者と弁護士の間で協議されます。

もちろん、弁護士は、依頼者の意思や毎月の支払可能額を慎重に聴取等した上で、消費者金融等と協議をすることになります。

なお、上記の例では、5年間で返済するほうが、4年で返済するよりも、債務者の期限の利益(支払期限を長くできることによる利益)は大きいといえます。

ただ、たとえば、5年ではなく4年で返済するので、弁済総額を減らしてほしい等の債務者側の希望に消費者金融等が応じてくれることもあり、期限の長短だけでは、依頼者にとっての有利・不利は判断できません。

結局、どういった解決が最善かは、依頼者の置かれた状況や依頼者の意思を考慮しながら、ケースごとに探ることになります。

和解成立

債権者との協議がまとまった場合、債権者と債務者間で、和解書(合意書などと題することもある)を作成します。

この和解書の作成をもって、任意整理はひと段落となります。債務者は、和解成立後、同和解書に定められた支払方法によって支払いを継続する限り、利息のカットの利益を享受できます。

きちんと返済すれば、元金が減る一方ですので、返しても、返しても元金が減らないという借金問題から解放されるはずです。